JpopRocks interviews Konomi Suzuki

 
 
 
 

JPR:

Okay, can you please give us a self-introduction?

じゃあ、最初は自己紹介からお願いします。

 

Konomi:

鈴木このみです。テレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」の主題歌「This game」やテレビアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」のオープニングテーマ「Redo」などいろいろなアニメソングを歌っています。

I’m Konomi Suzuki. I sing many different anime songs, such as “This game” for the anime “No game, No life”, and “Redo” for “Re: Zero-Starting Life in Another World”.

 

JPR:

First question is, what inspired you to start singing?

まず始めに、歌を歌い始めたきっかけは?

 

Konomi:

歌を習い始めたのが、小学校1年生の時。4歳の時かな?その時、私は本当に泣き虫と人見知りで。それを克服するために、ダンスだったりボイストレーニングをする学校に通い始めたのがきっかけで習い始めました。

I started learning singing when I was around 4 years old… so close to my first year of elementary school. Back then, I was a cry baby and was very shy around strangers. I started going to a school where they taught dancing and voice training to overcome this, and that was the start or my inspiration.

 

JPR:

Wow!  You have done a lot of anime openings and endings. Is there any in particular that’s your favorite or favorite to perform?

すごい! オープニングとエンディングをたくさんされてますが、特にお気に入りの曲とか、パフォーマンスするのが好きな曲とかありますか?

           

Konomi:

悩む!全部大好きだから、この質問はものすごく悩むんですけど。特に印象に残っているものは、セカンドシングルの「さくら荘のペットな彼女」っていうアニメのエンディングテーマ「DAYS of DASH」がすごく自分の中では印象に残っています。その時は私も高校2年生の時で、アニメの登場人物も高校生だったんですよね。で、夢を追って、みんな挫折をしていたりとか、でも夢を追い続ける強さとか。そういうものを描いているアニメだったな、と思うので。ものすごく私も感情移入ができましたし。曲に対しても、アニメの世界も込めつつ、自分自身の等身大の想いを込めれた曲かなと思います。

Ah, that’s a difficult question! I love all of the songs, so it’s a very difficult question… but one that stands out the most might be my second single, “DAYS of DASH”,, which was the ending theme of “Sakuraso no pet na kanojo”. I was in my second year of high school when I sang this, and the characters in the anime were in high school as well. The characters were chasing after their dreams, sometimes failed at what they were doing, but they always had the strength to never give up on their dreams. I remember the anime being like that. I was able to emotionally invest myself in it because of that. When I sang the song, I thought about the world/ theme in the anime, but also included a lot of what I was feeling back then.

 

JPR:

You had a lot of experiences performing at oversea anime events including Anime Expo. Are there any particular memorable or fun experiences you’ve had overseas? Where would you like to visit next?

アニメエキスポを中心とし、海外でのパフォーマンスの経験が豊富ですよね。海外でのパフォーマンスの中でも思い出深かったり、印象に残った経験はありますか?また、次はどこを訪れてみたいですか?

 

Konomi:

全部が思い出に残っていますし。でも、行く度にビックリするのが、海外だからと言って反応が全然違わないというか。日本と同じようにサイルームの色を揃えてくれて、コールとかもコール本を用意してくれてる人がいて。それを見て、みんなが「よし、一緒にやろう!」って言って、一体感が出たりとか。毎回すごいなと思いながら、ライブをやっています。おもしろいなというか、ちょっとやってしまったなーというエピソードは・・・毎回私は、ライブで行った時に向こうの人がアニメで勉強しました!って言って、日本語で一生懸命思いを伝えてくれるのがものすごく嬉しいなーと思うので。私もなるべく現地の言葉を、ちょっとでも自己紹介だけでもしゃべれるように、勉強してから行くんですけど。フィリピンに行った時に、ありがとうって言いたかったんですけど、「サラマッポー」って言っちゃって。たしか、おいしいって意味なんですよね。現地の言葉を間違えてしまっており。「それ、おいしいです、だよー」って教えてもらって。だから、曲が終わる度にずっとありがとうって言ってるつもりが、ずっとおいしいです!って言っちゃってて。そういうアクシデントはありました。

あと、行きたい国はたくさんあるんですけど。ロサンゼルスしかり、アメリカの方もたくさん行きたいなって思いますし。今まで通りアジアも行きたいなと思いますし。行ったことのない国で行ってみたいのは、カナダとスペインに行ってみたいです。カナダは景色がきれいそうだし、そういう所で野外のステージで歌えたら気持ちいいんだろうなーって思いますし。スペインは情熱の国って言われるくらいなので、そういう所で歌えたら、私ももっともっと燃え上がるような歌が歌えるんじゃないかなーって楽しみにしています。

Everything has been memorable for me… but, what I’m surprised by every time I go overseas is that the audience’s reaction is not that different from Japan’s. Just like Japan, they coordinate the colors for the sai-room. There are also people who prepare a cheering book that has phrases in it, and people say, “Yeah, let’s do it together!” and cheer together. It makes the live performance more unified and enjoyable. I’m amazed and fascinated every time I have a live performance. Also… something funny, or an oopsy-moment… Whenever I go overseas to perform, many fans come up to me and talk to me in Japanese telling me that they learned through watching anime. I’m really happy when they do that. So, I try to do my best to learn words and phrases from that country’s language so that I can at least introduce myself. But, when I went to the Philippines, I wanted to say “thank you”, but said “delicious”. I kept on saying “Delicious!” every time I finished singing a song, and it wasn’t until later when someone told me that I realized I had been making that mistake. So, I had that kind of little accident.

Where I want to visit next… Of course, I would love to visit America again, like LA. I also want to go to Asia again. But, if I were to visit somewhere I haven’t visited before, it would be Canada and Spain. The scenery in Canada is beautiful, so if I could have an outdoor performance, I think it would feel amazing! And Spain… people say it’s a country full of passion. So, I think if I could sing it that kind of environment, I could sing with more passion and fire within me.

 

JPR:

Please come to LA.

ロスアンゼルスにも是非来て下さい。

 

Konomi:

ロスに行った時にはビーチに行って。隙間時間を縫って、一時間しか行けなかったんですけど。水着を持ってこればよかったー!って思いました。なので、次行くときは水着を持ってバカンスを楽しみたいなと思います。

I went to the beach when I visited LA. I could only go for an hour during my limited free time. But I thought, “Ahh I wish I had brought my bathing suit!!” The next time I visit, I’ll make sure to bring them with me, and enjoy a bit of vacation.

 

JPR:

There’s a surfing event there.

サーフィン大会がそこであります。

 

Konomi:

いいなー、してみたい!サーフィン。

Wow! I want to try surfing!

 

JPR:

Do you have any pre-show rituals that you do before live?

ライブ前に必ずされる儀式的なこととかはありますか?

 

Konomi:

私はその場で感じたことをパフォーマンスで100%を出したいなと思っているので、パフォーマンスでどうしようとか、MCでどうしようとかはあまり意識的に考えないようにしているんですけど。とっても緊張しいなので。ひどい時は前日寝れなかったりとか、当日ご飯食べれなかったりとかすることがあるんですけど。その緊張を取り払うために、スタッフさんに背中を思いっきりばーんと叩いてもらって、それで不安とか振り落として、ステージに出ています。

いろんな人にパンパン叩いてもらっています。

I try to express 100% what I feel in the moment through my performance, so I don’t really think about how I should perform or MC. I actually try not to think about it. But, I get nervous easily… so, sometimes, I can’t sleep the night before or eat anything before the performance. To take that nervousness away from me, I ask the staff to hit my back really hard, and then I go on stage.

I have a lot of people hit my back.

 

JPR:

That must hurt.

Do you have any plans in voice acting that you can share?

痛いですね。

声優業に関しては何か予定はありますか?

 

Konomi:

今のところは、テレビアニメ「LOST SONG」の主役のリンって役をやらせて頂いてて。あとは、PCゲームの「サマーポケッツ」も主題歌のアルカテイルを担当させて頂いているんですけど。それも、マスコットキャラクターのいなりっていうキツネの、「ぽん!」っていうしゃべる役をやらせて頂いているんですけど。

Right now, in the TV anime “Lost Song”, I play the main character, Rin. I also sing the main song ”Arukateiru” for a PC game called “Summer Pockets”. There’s a mascot fox character named Inari, and I also do that part. It only says “PON!” though.

 

JPR:

Generally, what kind of role would you like to play?

どのような役をやってみたいですか?

 

Konomi:

テレビアニメ「LOST SONG」のリンっていう役をやった時に、一年間演技レッスンをやらせて頂いたんですけれども。その時に、リンは少女なんですけど、練習してる時だと、声が少年っぽいねって言われることが多くて。もうちょっとヒロイン感を出してくれって言われることが多かったので。逆に今度、もしやるのであれば、少年役とかやってみたいなって思います。自分自身も少年漫画は好きなので。

When I did the part for Rin in the TV anime, “Lost Song”, I took acting classes for a year. Rin is actually a young girl, but I was told that my voice is more like a young boy when I was practicing. I was often told to try to talk more like a heroine. So, if I have a chance in the future, I would love to try a part of a young boy. I like reading boy’s comics!

 

 Image from  cho-animedia.jp


JPR:

Since you mention that, is there any character from any of the animes you sang songs for that you can relate to?

それに関連して、今まで歌ったアニメ曲の中で、共感できるアニメキャラは誰ですか?

 

Konomi:

基本的に、私は歌を歌う時にアニメに共感できるポイントを探すことから始めるので。共感できないキャラクターはあまりないんですけど。特にパッと見て、この気持ちわかるなーって思ったのが、テレビアニメ「アンジュ・ビエルジュ」の主人公のさやちゃん。その子は自分らしいってなんだろうって悩んでいる女の子なんですよね。周りは才能を持っている。自分は焦る。自分っていうのは何なんだろうって悩む、葛藤するシーンがあったんですけど。その当時の自分も、正に同じことを考えていて。やっぱり素晴らしい歌手の方が周りにたくさん。先輩も、同い年の子も、新人の人たちもすごく素敵なシンガーが出ている中で、自分の個性って何なんだろうってものすごく考えた時期だったので。そこはすごく共感しながら、頑張れーって見てました。

I usually start by trying to find something within the anime that I can relate to when I sing anime songs, so I don’t have any characters I can’t relate to… but, one of the characters I really understood was the main character from the TV anime, “Ange Vierge”, named Saya. She’s a girl who struggled with the idea of, “Who am I?” In the anime, there are a lot of characters who have talent, so she felt frustrated. There were scenes when she would struggle to understand who she is. At that time, I was also thinking about the same thing. There are so many fabulous singers who are my seniors, my colleagues, and newer singers too. I really thought about what my uniqueness was, and I also really thought about who I was. So, I was able to relate to Saya and cheered for her.

 

JPR:

How do you feel when you hear your songs being played on the streets or anywhere?

道等で自分の曲がかかっているのを聞くとどういう気持ちになりますか?

 

 

Konomi:

お店で聞いた時は恥ずかしい気持ちも残るけど、やっぱり嬉しくて。かけてくれた人と握手したい気持ちになります。基本的にテレビでアニメが流れてきて、自分の声を聞くと恥ずかしさもあるし。でもやっぱり、改めて自分で「今回もいい曲ができたなー」っていう風に自画自賛をしてみたりするときもありますし。かけてくれることで、たくさんの人が聞いてくれるといいなーって思いますね。

I feel a bit embarrassed when I hear my songs, but I’m also very happy. I want to shake hands with whoever put that song on. I also feel embarrassed when I hear my own voice singing before or after the anime on TV. But, in the end, I always feel, “I’m really glad I was able to make a great song.” and I pat myself on my back… a little bit. I’m really happy that people are able to listen to my songs because some people decide to play it!

 

JPR:

I heard “This game” in Akihabara earlier today.

さっき秋葉原でthis gameを聞きました。

 

Konomi:

ありがとう、秋葉原!

Oh my gosh! Thank you, Akihabara!

KS_AP_IMG_0094_A_sRGB.jpg

JPR:

If you could collaborate with another artist, who would it be and why?

他のアーティストとコラボできるとしたら、誰としたいですか?なぜですか?

 

Konomi:

これはデビューの時からずっと言っているんですけれども、是非May'nさんとできたらいいなーって思っています。元々は漫画とかゲームは好きだったんですけど、アニメソングっていうものにまだ興味を持ってていなくて。ずっとJPOPシンガーを目指して、小学校1年生から中学2年生までずっと音楽を習っていたんです。で、中学2年生の時に友達からマクロスフロンティアを薦められて。シェリルノームのランカちゃんの歌を聞いて。特にMay’nさんは調べていくと、アニソンシンガーって書いてあって。「えっ、アニソンシンガーっていうジャンルがあるんだ!」っていうことにそこで初めて気づいて。May’nさんの歌声をきっかけに私はアニソンシンガーになりたいって思ったので。そういう夢を与えてくれた人と是非コラボできたらいいなーって思います。

自分のデビューしたきっかけになったオーディションでも歌っていたので。マクロスフロンティアの曲を。「ノーザンクロス」と「ダイアモンドクレバス」を歌ったので、そういう意味でも思い出深いというか。

I’ve said this from the moment I debuted, but I would love to collaborate with May’n. I liked manga and games, but I wasn’t interested in anime songs in the beginning. I actually wanted to become a JPOP singer, so I was learning music from my first year of elementary school to my second year of junior high school. And then when I was in my second year of junior high school, my friend introduced me to MACROSS frontier. I listened to a song by Ranka, who is a Sherly Nome. I started researching about May’n, and I found out that she’s an anime song singer! That was when I realized there’s a genre for anime songs. Her voice was my doorway to anime songs, and my dream to become an anime song singer. I would love to collaborate with the person who gave me that dream.

The songs I sang at the audition I debuted from were MACROSS Frontier songs. “Northern Cross” and “Diamond Crevasse”.

 

JPR:

What do you like to do in your free time? Any specific hobbies or interests?

お休みの時にはどういう風に過ごされていますか?趣味はありますか?

 

Konomi:

すぐ買い物に行っちゃいます。休みって言われたらすぐに行っちゃいます。コーディネートを組んだりするのは苦手な方なんですけど。買い物して、いろんなお店でいろんなものを見るのはすごく好きなので、それでリフレッシュしたりもしますし。家で過ごす時は、最近は料理がすきで。ちゃちゃっとスーパーに寄って作ってまったり過ごす時もありますね。

I like to go shopping. If I have time off, I immediately go shopping. I’m actually not really good at coordinating my clothes… but I like to go shopping to see different things at different stores. That’s my way to refresh myself. Recently, I’ve gotten into cooking, so I like to cook when I’m home. I go to the supermarket, cook, and relax at home.

 

JPR:

Any specific dish that you like to make?

得意料理はありますか?

 

Konomi:

一番は生姜焼き。食べるのが好きなのは、レンコンのはさみ揚げがめちゃくちゃ好きです。

I like and make ginger pork the most. But, what I love to eat is deep-fried stuffed lotus root.

 

JPR:

What is thing you wish to convey with your music?

音楽を通して伝えたいことは?

 

Konomi:

私はいつも心が燃えるような歌を歌おうって心がけていて。私自身の性格がちょっと人見知りだったり、泣き虫だったりしますけど。でも、内面的にはいつも負けたくないって気持ちだったりとか、夢を叶えたいっていう気持ちはものすごく強いのかなと思うので。自分の歌を聞いて、鈴木このみがこんなに頑張っているんだったら、私も明日から頑張ってみようかなって元気づけられたら一番いいのかなって思います。

I want to sing songs that make people’s souls fire up. As I’ve said before, I’m actually very shy, and I can be a cry baby at times… but in my heart, I always feel that I never want to lose (I’m competitive), and I have a strong feeling of wanting to fulfill my dreams. If someone is encouraged by listening to my songs and think, “Yes. I’m going to do my best from tomorrow because Konomi Suzuki is doing her best!”, I’ll be really happy.

 

JPR:

I watched the movie, “No game, No life, Zero”, and cried a little bit.

私もNo game no life zeroの映画を観た時に、ちょっと泣いた。

 

Konomi:

あの曲はテーマが愛だったので。テーマがものすごく深くて、めちゃくちゃ苦戦しました。レコーディングが大変だったんですけど。何回も原作を読み込んだりもしましたし。あと、アニメの世界プラスアルファで自分の思いも絶対に入れようって自分のルールとしていつも決めていることなので。自分にとって愛は何なのかっていうのを自問自答しながらレコーディングをしていました。

The theme of the song in that movie was love. The theme itself was very deep, so it was a challenge trying to express all of this while recording the song. I read the original story many times and researched myself. Also, my motto is to always include my feelings with the world created within the anime. So, I thought about what love is to me a lot, and did the recording for the song.

 

JPR:

Do you have a message to your fans around the world? Preferably in English

世界のファンに向けてメッセージをお願いします。できれば英語で。

 

Konomi:

Thank you

しか言えない!

Thank you very much. I’m looking forward to see you!

ありがとうございます!お会いできるのを楽しみにしています!

 

Konomi:

最近はいろんな国で歌わせて頂いていて。毎回私のことをみんな知っているのかなっていう気持ちで。特に初めて行く場所とか、不安な気持ちもあるんですけど。でも、行ってみたら、本当に温かく迎えてくれて、曲がかかったときにイントロでわーって歓声を上げてくれるのを見ていると、日本だけじゃなくてもっと幅広い場所に私の歌声が届いているんだなって勇気づけられますし。アニソンシンガーであることをすごく誇りに思う瞬間だなっていつも本当に感謝しています。今後も会うたびに、いい歌を歌うようになったなって思ってもらえるように毎日を一生懸命に過ごしていきたいと思いますので。また会う時はぜひ笑顔で盛り上がれたらいいと思います。待っていて下さい。

I’ve had the opportunity to sing in many different countries lately. Every time I somewhere, especially places I’ve never been to before, I think, “Do they know me?” But, I’m always happily surprised by how welcoming everyone is, and how the audience cheers when the song starts. I feel encouraged that my song is not only listened to by people in Japan, but other parts of the world. I’m very proud to be an anime song singer, and I feel so appreciative of people around the world. I will do my best every day so that I can sin more good songs. I hope we can enjoy our time together with a smile on our faces the next time we see each other. See you soon!

Official HP: http: //konomi-suzuki.net/

Twitter: @ Suzuki_Konomin